Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

配達先が動く??

変なタイトルですが、通常、貿易や物流、というのは、

例えば、日本の工場で生産されたものを、外国のお客さんに売って、

そのお客さんの指定する倉庫に配達する、という流れになりますね。

 

ただ、”配達先が動く”、というケースがあるんです。

それは、配達先が変更になる、ということではありません。

 

配達先が船の上

というケースがあります。

 

コンテナ船に限らず、ばら積み貨物船、LNGタンカー等、物流に欠かせない船が世界中を航海しています。

そして、それらの船には、船長(キャプテン)を筆頭に、乗組員が乗っています。

乗組員の皆さんにとっては、船の上は職場であり、生活する場でもあります。

 

ある時には、船のエンジンの一部が故障して、修理が必要になることもあれば、

その作業に使う道具が必要な場合もあります。

そのような船舶に使用するためのものを、”船用品”と言います。

当然、船は世界中を動いているわけですので、その都度、配達先(港)が変わる、ということになります。

 

実は、日系の大手物流会社でも、船の上まで運ぶことのできる会社はほとんどなく、

特殊な物流、といえます。

 

因みに、”機用品”という言葉があります。

これは、船用品が船であるように、機用品は航空機で使用するもの、です。

航空機をメンテナンス、修理する場所は、空港内にありますので、そちらが配達先、ということになります。

また、船用品、機用品ともに、税関用語です。

飛行機も大型船舶も様々な国を行き来しますので、船用品も機用品も一つの国での消費とはなりません。

従いまして、多くの国(先進国)では、これらの船用品、機用品には、税金がかからない等の、特殊ルールがあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA