ハンドオーバーの悪夢

File.

貿易をしていて、安い物流会社に業者変更したと思ったら、

コンサイニーから高くなったとクレームを受けたことはないでしょうか。

その理由の一つは、ハンドオーバー料金に関係しているかもしれません。

日本では一般的に、ハンドオーバー料金というものがかかりませんので、

特に意識をされたことがないように思います。

ただ、アメリカやヨーロッパでは事情が異なります。

下手をすれば、輸入通関 + 配達料金よりも高くなる場合があります。

 

まず、そもそも物流業界における、ハンドオーバーとは何者なのでしょうか。

一言で言いますと、

指定の物流会社に取り扱いの権限を引き渡す(Hand Over)

ことです。

 

 

ん?なんかよく分からない?

このハンドオーバーというのは、ちょっと複雑なので、例を用いてお話します。

 

あなたは日本の貿易会社(A社)で働いていて、オランダの会社(B社、輸入者、コンサイニー)から注文が入りました。

インコタームズ(Incoterms)はCIF としましょう。

CIFということは、あなたの会社(A社、輸出者, Shipper)は、国際輸送会社(C社)に依頼し、

日本の倉庫から在庫を集荷し、輸出通関、オランダのAMS(アムステルダム)空港まで航空輸送を行いました。

AMS空港に到着後、国際輸送会社のオランダ現地代理店(D社)が、コンサイニー(B社)に連絡をとります。

輸入や配達先を確認するためですね。初めての場合は、取り扱うための契約書も必要になってきます。

ただ、B社には、長年使用し信頼している通関業者(E社)があり、今回もE社に輸入と配達をお願いしたいと思っていますので、

B社はD社に対し、コンサイニー指定の通関業者(E社)にコンタクトをとり、引き渡すよう依頼します。

それにより、D社からE社に対し、荷物と書類の引き渡し(ハンド オーバー)が行われます。

 

ただ、ポイントは次で、ハンドオーバーの際に、

オランダ現地会社(D社)はコンサイニー指定の通関業者(E社)にハンドオーバーチャージなる請求書を発行することになります。

 

航空輸送の場合は、重量に対して請求金額が設定されていることが多く、

物流会社により、そのタリフは異なっています。

 

この場合、D社のタリフに応じて、E社はD社に対して支払いを行わなければ、荷物と書類の引き渡しは完了しません。

D社としては、コンサイニー(B社)に対して、輸入通関、配達の手配を行いたいわけですが、

それが出来ない、ということになります。

E社はD社にとって、競合関係にありますので、値下げをすることもありません。

E社は、ハンドオーバー料金を、輸入通関料金や、配達料金とは別に、コンサイニー(B社)に請求することになります。

つまり、B社としては、ハンドオーバー料金分が、そのまま高くなる、ということになるわけです。

 

ハンドオーバー料金は、安いものではありません。

場合によっては、輸入通関や配達料金よりも高い場合もありますので、要注意です。

 

これは、料金設定はそれぞれですが、

航空輸送だけでなく、LCLやFCLでも発生する可能性があります。

 

いくらCIFで物流会社選定の権限があったとしても、

国際輸送会社を変更する場合には、輸入者としっかりと相談されることをお勧め致します。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA