FOB チャージって、どこからどこまでの料金?

FOBはご存じでも、FOBチャージやFOBコストを知らない方が結構多いようですので、ご説明します。

FOB = Free on Board なのは、既にご存知かと思います。

念のため、FOBについてはこちらでも分かりやすく説明していますので、ご参考にしてください。

 

さて、”FOB チャージ”や”FOB コスト”は、発地側での全ての物流費用のことです。

ただ、輸送モードによっては、少し名称が異なりますが、考え方はほとんど同じです。

また、貿易をする上で、ShipperとConsigneeの間で、もめる部分でもありますので、

可能な限り、契約の時点で料金項目ごとに詰めておくことをお勧め致します。

 

<海上(コンテナ FCL)輸送の場合のFOB チャージ>

海上輸送で、FOB Tokyoという仕切りの場合、FOB charge(Cost) には以下が含まれます。

  • 製品を輸送可能にするための、梱包、パレタイズ費用
  • (倉庫会社利用の場合) 倉庫会社までの輸送費用、入庫、出庫費用
  • コンテナへの積み込み、バンニング費用
  • コンテナの港湾ターミナルへのドレージ費用
  • 輸出通関関連費用、特殊書類の準備費用等
  • 発地側ターミナルハンドリングチャージ(OTHC, Origin Terminal Handling Charge)

<海上(コンテナ LCL)輸送の場合のFOB チャージ>

こちらも、FOB Tokyo とした場合、以下がFOB chargeに含まれます。

  • 梱包、パレタイズ費用
  • LCL業者の倉庫までの輸送関連費用、
  • D/O, 輸出通関関連料金、特殊書類の料金
  • Terminal Handling Charge等(CFS chargeにまとめられている場合あり。)
  • その他、LCL業者からの輸出料金 (CFS charge)

<航空輸送の場合のFOB チャージ>

航空輸送で、FOB Narita の場合、以下がFOB charge に含まれます。

  • 梱包、パレタイズ費用
  • 物流会社の倉庫(成田空港近辺にあるのが一般的ですが、別の場所に集約している場合もあり。)までのトラック料金
  • 書類作成料金
  • ハンドリング料金
  • セキュリティー検査料金
  • 物流倉庫から空港上屋までのトラック料金

 

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA