南米への輸出

南米をイメージするのは、陽気で細かなことには気にしない、という感じではないでしょうか。

ただ、それは貿易においては、真逆なんです。

例えばブラジルは、南米南部共同市場(メルコスール)という関税同盟に加盟しており、

一般的な国で使われている輸出入の原則が適用されません。

例えば、

HS Codeではなく、 NCM Codeを使用します。

輸入者の納税者番号であるCNPJ番号を、Invoice上に掲載する必要があったり、

他にも、航空輸送の場合、海上輸送の場合等で、それぞれ制約がある等、

非常に細かな取り扱いが必要になります。

間違えていれば、その訂正に、数週間を要することあり、その間に物流コストが膨らんでいく、なんてことも。

これらの国に出荷をされる方は、

事前に現地の輸入者から、輸入の際に必要な記述方法や条件を

打ち合わせしてください。

サンバを踊りながら通関を通してくれる人なんて、誰もいませんよ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA