EUに通関士はいない??

これ、本当です。

通関士の試験もないんです。

ということで、通関の申請は誰でもできる、ということになります。

もちろん、通関システムがある、という前提ですが。。。

では、誰が通関の申告をかけているのか、というと、

一般的には、物流会社のスタッフです。(笑)

何故、このようなことが起きるのかというと、

EUでは、輸入する物について、輸入者が責任を持つ、

という考え方が浸透しています。

成分、量、用途等、物流会社のスタッフには製品についての専門の知識がないため、

輸入者が輸入時に物流会社に対して、HS Codeを指定する、という方法が一般的です。

物流会社のスタッフは、そのHS Codeをシステムに入力して、通関申告をかける、ということですね。

もちろん、税関が物流会社対象にレッスンを行っていたり、ということはありますが、

通関士、というライセンス自体が存在しません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA