コンテナ鉄道輸送 from 中国 to オランダ

数年前、在ヨーロッパの日系会社の中で話題になった、シベリア鉄道利用の物流利用、

2015年7月5日に中国の昆明(Kunming)を出発した鉄道コンテナが、

7月23日にロッテルダム港にある、鉄道コンテナ駅に到着しました。

中国からロシアやベラルーシを通って、ポーランド、ドイツを経由したようです。

海上輸送の場合、通常一か月程かかるリードタイムを、18日で到着したという画期的な輸送方法となります。

軌道(線路)幅が異なる国があるため、数回に渡り貨車を替えることになりました。

鉄道コンテナ特有の揺れによって、日本製の繊細は商品にはまだ難しいようです。

ただ、今後、このプロジェクトが進み、改善していけば、

国際物流が大きく変わっていくことでしょう。

 

下の写真は、貨車の上に、コンテナが載っている状態です。(ご参考まで)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA