動植物に関する貿易

動植物に関連するものの多くが、ワシントン条約によって、その国際取引が制限されています。

 

 

正式名称は、

Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora

(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)

となります。

一般的には、頭文字をとって、CITES(サイテス)と言われるもの、ですね。

 

CITESには、商取引が一切不可能なもの(研究等の特殊な場合のみ許可)もあれば、

輸出国側の許可書があれば、取引が可能なものなど、3種類に分類されています。

 

動植物やそれに関連する製品の輸出入をお考えの皆様は、

CITESに該当するかどうかをまずは確認してください。

と言うのも、CITESは国際取引に関する条約であって、取引先の国内では一般的に流通しているものもあるため、

勘違いしてしまうケースが多いんです。

その代表格は、クロコダイルの皮製品だったり、漢方薬であったり、サボテンであったり。。。挙げればきりがありません。

 

CITESのルールに従って、正しく取引しましょう。

経済産業省のホームページから、詳しく確認することができますので、

リンクを貼っておきます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA