Per kg の料金設定に注意!

Shocked young businesswoman reading letter at desk over gray background

重量のみで、見積もり頂戴、と依頼されている皆さんへ、

 

これは、あとから請求書が届いて、もめるケースの典型なんです。

特に航空運賃ですが、多くの見積もり項目で、per kg で見積もりが設定されています。

例えば、1kg 200円であれば、当然、100kgで20000円なわけです。

 

でも、Volume weight なる容積重量の計算方法があって、

かなりの重量物(金属製品等)でない限り、Volume weightがChargeable weight(請求時に使用される重量) になります。

 

例えば、1パレット、70kgぐらいかな、と思って、重量のみで見積もりをとった場合。

請求書は、200円 X 70kg = 14000円 ではないんです!!

日本で使用される、一般的なパレットは110X110cm で、高さが150cmになった場合、

Volume weight(容積重量)として、計算される重量は、なんと302.5kg!! です。

つまり、200円X302.5kg = 60500円 が請求されることになります!!

この請求書に驚いて、物流会社にクレームしても、後の祭りで泣き寝入りです。

 

 

下記リンクにて、動画で説明しています。

航空輸送での容積重量の計算方法について

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA